tamara-logo01.jpg









1.タマラとは


   タマラとは、地球に降り注ぐエネルギーの1つの名称です。

   地球上には、様々なエネルギーが存在し、私たちはそのエネルギーの中で生活しています。

   天然ガスや、放射能も、そのエネルギーの1つであり、地球上にある物質に対して、

   何らかの力を与えるものをエネルギーと呼んでいます。


   地球上には、地球上にある原子から作られるエネルギーと、太陽光など、地球外から

   降り注ぐエネルギーとがあります。

   様々なエネルギーは太陽圏内から降り注ぎ、太陽圏には、太陽を始め、銀河系から、

   そして、銀河系はさらにその外側から、様々なエネルギーが降り注いでいます。


   しかしながら、地球上に届くエネルギーのほとんどは、銀河系で、そして、太陽圏で、

   さらには大気圏で、遮断、又は、弱められ、生物が存在できるエネルギーのみが

   降り注いでいます。

   そのエネルギーの全ては、地球がバランスを保つ上で、欠かせないエネルギーです。

   つまり、地球上に降り注ぐことのできるエネルギーは、全てが、地球に必要な

   エネルギーとなります。降り注ぐ、様々なエネルギーの中で、私たち人間にとって、

   必要のないエネルギーは、身体の周りに作られる、大気圏のような層によって、

   遮断されています。


   タマラは、天然ガスや放射能など、地球上で作られたエネルギーとは違い、太陽光の

   ように、地球の外から降り注ぐエネルギーです。

   その源は、銀河系を越え、宇宙の中心になります。

   地球上に存在するもの全てにとって、タマラのエネルギーは、原子や細胞が活性化する

   エネルギーです。

   なぜならば、タマラのエネルギーは、波動が非常に細かく、かつ、強力に振動している

   ため、原子・細胞レベルにとどまらず、他のエネルギーにも活性化の作用を施せる

   エネルギーだからです。

   したがって、タマラのエネルギーは、地球上にあるすべてのものを、活性化させる

   エネルギーと言っても過言ではありません。


   現代まで、人間が生きていくための力は地球上のエネルギーだけで足りていたので、

   タマラのエネルギーを必要としていませんでした。

   しかしながら、現代の人間は、文明の発達や情報の氾濫などの恩恵を受けていながら、

   同様に弊害をも受けてしまい、結果としてやる気が起こりにくい、なかなか行動できない、

   感覚が鈍くなる、身体の治癒力が低下しているなど、今、取り込んでいるエネルギーだけ

   では、生きる力が足りなくなっているのが現状です。

   そのために現代に生きている人々は、これまでとは違うエネルギーを必要とする事態に

   なっています。

   このような時代だからこそ、人々が生き生きと望む人生を歩めるよう、生きる力のサポート

   となるタマラのエネルギーを、求める人々に伝えることになりました。




ページの先頭へ


2.タマラエネルギーの発見


   Founderの声より


   Founder タマラ・加藤憲子

   1949年11月3日生まれ 日本国大分県出身。


   私はごく平凡に、サラリーマンの夫と息子と娘との4人家族で生活をしていました。

   42歳から8年間気功を習ったことから、ヒーリングに興味を持ちました。


   1997年にある会社が主催するレイキに出会い、同じ年にレイキマスターの資格を得ました。

   その会社の依頼などを含めて、私は100人近い人たちにレイキのアチューメントを行いました。


   しかし、私は、自分がアチューメントをした人たちと、他のマスターたちがアチューメント

   をした人たちとでは、波動に違いのあることを感じ取っていました。

   そこで同じレイキマスターであるYさんに、問いかけました。

   Yさんはレイキについて学び、エネルギーについてとても鋭敏で詳しいと知られている方です。

   するとYさんもレイキのエネルギーと、私の使っているエネルギーは違うことを明確に話して

   くれました。


   私の使っているエネルギーはとても波動が細かくて、レイキのエネルギーとは波動が異なり、

   Yさんも知らない未知のエネルギーであることを、教えてくれました。

   私はレイキのアチューメントの形を借りながら、実はレイキとは全く異なる私自身が持って

   生まれたエネルギー(タマラ)を皆さんに伝えていることを、Yさんの言葉と私自身の実感

   から確認することができました。


   私がレイキについて学んだのは、私自身の持っている新しいエネルギーの存在を知ること

   であり、私の役目とするところを自覚するためでもあったと、後日に思い至ったのです。


   ちょうどその頃にリンパマッサージを習得していた私は、1998年から仕事を始めました。

   クライアントさんにマッサージをしたあとにヒーリングをしていると、様々なビジョンや

   言葉が浮かびます。

   それを伝えると、今その人が悩んでいることの答えになっていたり、怪我や病気の原因と

   なるものだったり、人間関係の改善に繋がることだったりと、いずれもその人の欲しがる

   情報であることに気付きました。

   私が前世を視たり、リーディングをしていることだと実感する日々でした。


   2000年5月4日、私が50歳の時に、いきなり私の中にあるスイッチが入りました。

   次々とメッセージが届くようになり、頭の中に様々なビジョンや文字が表れたり、言葉に

   なったりするようになり、見えなかった世界が視えるようにもなりました。


   ある日、私が一生をどのように過ごすのか、年を重ねて死ぬまでの人生の全てをビジョンで

   視せられました。それにより、私は自分の魂の中にポジティブなエネルギー(タマラ)を

   持って生まれたことを知りました。

   今の地球や人類や文明の酷い状態を知らされ、それらを改善するためにはひとりひとりが

   気付き、考え、変わり、思いやりを持ち、行動し、本気をだし、成長し続けなければならない

   こと、それには人間の持つ生きる力をサポートするポジティブなエネルギーが必要であり、

   それを持って生まれた私は、多くの人々に、世界中に「タマラ」を伝え、広める役目のある

   ことを知りました。


   また同時に私が波動として受け取るメッセージを言葉に換えて、多くの人々に届ける役目の

   あることも知りました。

   人々に伝えるためのエネルギーの名称は「タマラ」と、白い光で文字が表れて知ることが

   できました。同時に「手から手へ、心から心へ、人から人へ」の意味のあることも知りました。


   最初は「タマラ・ヒーリング」としてホームページを作り、メルマガを発行するなどを続けて

   いるうちに、多くの人々が興味を持ち、アクティベーションを受けてくれるようになりました。

   タマラのアクティベーションを受けてプラクティショナーとなった人々が増えるにつれて、

   タマラを日本に世界に広めたいと言う私に賛同してくれる人たちが集まり、私を創始者として

   2006年にタマラヒーリング協会となり、2009年にNPO法人タマラアソシエーション

   の設立となりました。

   これは「タマラ」に亜流を作ったり、分派を作ったりすることなく、正統なタマラを世界に

   広めるためでもあります。


   今ではヒーリングだけではなく、本来の目的である人々のポジティブな生きる力の全ての

   サポートとなる「タマラ」を、アメリカ、カナダ、イギリス、スイス、オーストラリア、

   ニュージーランド、インド、ネパールなどを訪れて広めています。



ページの先頭へ


3.アクティベーション


   先に述べたとおり、人間は、必要のないエネルギーを遮断するため、細胞から作られる

   エネルギーと心、すなわち、感情から作られるエネルギーで大気圏のような層を身体の

   周りに作っています。


   現代まで、タマラのエネルギーは人間にとって、必要のないものであったため、その層に

   よって、遮断されていました。

   しかしながら、現代の多くの人々の「やる気がおきない」「行動できない」「治癒力の低下」

   「感覚の鈍化」など、心や身体や知覚などのエネルギーの低下に伴い、全てのものを活性化

   するタマラエネルギーが人間にとって、必要となりはじめました。

   そのためには、タマラエネルギーを、身体に取り込める状態にするために、身体を覆う

   層と、身体を整えなければならず、その作業を“アクティベーション”と呼びます。


   アクティベーションとは、インストラクターである者が、受ける人の身体に、強い

   タマラエネルギーを通すことです。

   まず、身体を覆う層に、タマラエネルギーのみが通る穴を開け、身体全体に行き渡らせ、

   満たしていきます。強いタマラエネルギーにより、細胞、そして感情のレベルまで、

   タマラのエネルギーを認識させます。

   身体は、その時より、タマラエネルギーの受け入れを開始します。

   その状態の人々を“タマラプラクティショナー”と呼びます。


   タマラプラクティショナーは、自分自身、そして、周りに存在する人々や全てのものに

   対し、活性化させるタマラエネルギーを使うことができますが、アクティベーションを

   行うことができません。

   なぜならば、アクティベーションには、強力なタマラエネルギーが必要となり、それを

   扱うには、まず、扱うものの身体を、その強力なタマラエネルギーを受け入れることの

   できる状態にしなければなりません。

   その、強いタマラエネルギーを扱える者を“タマラインストラクター”と呼びます。


   Founderである、タマラ・加藤憲子は、現在、唯一、インストラクターを誕生させること

   のできる存在です。

   なぜならば、さらに、より強く、より大きな、タマラエネルギーを保持している者のみが、

   大きなタマラエネルギーを扱い、インストラクターを誕生させることができるからです。


   今後、タマラ・加藤憲子と同じレベルの、タマラエネルギー保持者が現れた時のみ、

   インストラクターを誕生させることができます。


   アクティベーションを受けた人間は、その時より、常に、そして生涯、タマラエネルギーを

   身体に取り込めます。

   そして、地球上にある、全てのものを活性化させるエネルギーである、タマラエネルギーを、

   自身の健康や勉強、仕事、そして、人間関係に、家族に、ペットに、ありとあらゆる物事に

   対して、流すことができます。

   但し、タマラエネルギーが、エネルギーとして何かに作用するには、人間の想い、努力など、

   タマラエネルギーを動かす、人間の思いのエネルギーが必要になります。

   それ以外は、ただただ、タマラエネルギーが身体を流れ続けている状態であり、活性化できる

   人間の思いと行動のみが、人間の意思に関係なく反応していきます。



ページの先頭へ


4.タマラエネルギーの性質と特徴


   タマラのエネルギーは、とても波動が細かくて、強く振動している。

   その為に、他のエネルギーや細胞を活性化させる働きがとても大きい。


   その人自身のエネルギーと細胞を活性化するから、身体の抵抗力や免疫力を

   増進させ、自然治癒力を高めて健康を目指す働きをする。


   とても波動が細かく深く浸透するので、心身の癒しや成長を促していく。

   自分が「変わりたい!」と思い行動することで、より良く変わり成長を目指す働きとなる。


   人間は能力や才能のそれぞれを、エネルギーの塊として内に持っている。

   タマラエネルギーは、それらのエネルギーを引き出し高める働きをするから

   アクティベーションを受けると、必要な能力が現れやすくなる。


   皮膚にある神経や感覚や、脳内にある感覚を司る器官を敏感にする働きが

   あるので、様々な感覚が鋭くなり意識をしていると、以前よりも分かる感じる

   ことが多くなる。


   遠隔やエネルギーボールなどで、時間空間に関わらず必要なエネルギーを

   自分や他人に送ることが出来るようになり、自分の希望を叶える為や、他の人の

   身体や希望に対してもプラスの働きをする。


   ポジティブなエネルギーなので、マイナスに作用することが無く安心して使える。

   人間のポジティブな思いや行動により、必要とする動きを加速させたり、物事を

   必要な動きに導いたりタイミングを掴みやすくする。

   これらも仕事や趣味の向上を図り、希望を叶える働きをすることに繋がる。

   全てを活性化させ、活発化させるエネルギーで、思いや行動で物事を進める働きをする。


   自分を守ることができる。

   名前を明確にすることで、その人に合った波動で体の外側にバリアを作り、見えない

   何かからおおよそ24時間守ることが出来る。

   その為にこの作業をすることで、敏感な人たちは外からの影響を受けにくくなる。


   ポジティブなエネルギーなので、常にバランスを保とうとする働きがある。

   その為にマイナスやネガティブに陥りにくくなり、ネガティブになっても復活が早くなる。


   アクティベーションを受けることで完全に自分自身のエネルギーとなり、一生使い続けて

   無くなることがなく、呼吸と同じように常に取り入れ使われている。

   自分自身のエネルギーになるので体感しにくかったり、無意識だと実感しにくいほど

   当たり前に自然に使われている。


   意識をしてポジティブに動くことで、周りの様々なことにもプラスの動きをすることが多く、

   自然に自分にとって良い流れを作っていく。


   タマラのエネルギーは、ポジティブな動きや働きをすることで能力や才能を活かし

   自分らしく「生きる!」ための全てのサポートとなる。